記事詳細

IoT機器に関する脆弱性調査等の実施結果の公表

2018/07/3 IoTに関する技術、事例

総務省で,重要IoT機器を中心にIoT機器の脆弱性調査等を行い,その結果が公表されましたので御紹介します。

総務省は,一般社団法人ICT-ISAC,国立大学法人横浜国立大学等と連携して,平成29年9月から平成30年3月までの間,サイバー攻撃の対象になりやすい脆弱なIoT機器の実態調査等を行いました。調査は,重要インフラ等で利用されるIoT機器(国民生活・社会経済活動に直接影響を及ぼす可能性がある機器)と,家庭用ルータ,防犯カメラ等の一般利用者向けの機器(サイバー攻撃の踏み台となってネットワークに悪影響を与えるおそれがある機器)の2種類に分けて実施しています。

詳細については以下URLを御参照ください。

出典:総務省ウェブサイト(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/01ryutsu03_02000154.html