記事詳細

IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)に係る委託先候補の決定

2018/06/26 公募・調達

 総務省で,IoTサービス創出支援事業(平成30年度予算)に係る提案の公募の,委託先候補が決定されましたので御照会します。


多分野から14件が委託候補として決定されました

 IoTサービス創出支援事業は,情報通信審議会の「IoT/ビッグデータ時代に向けた新たな情報通信政策の在り方について 第四次中間答申」(平成29年7月20日)等において提言された,データ利活用を促進するモデルを構築するとともに,必要なルールの明確化等を行うことを目的とした事業です。
 具体的には,地方公共団体,民間企業,大学,NPO法人等から成る地域の主体が,生活に身近な分野において,地域の課題解決に資するIoTサービスの実証を通じて,そのリファレンス(参照)モデルを創出・展開するとともに,必要なルールの明確化を行うものです。
 平成30年3月16日(金)から同年4月19日(木)まで公募を行い,135件の提案があり,14件を委託先候補として決定しました。

詳細については以下のURLを御参照ください

出典:総務省ウェブサイト(http://www.soumu.go.jp/menu_news/s-news/02ryutsu02_04000299.html