記事詳細

ものづくりを変えるNEDOのレーザー加工技術 最新研究開発成果展示の御紹介

国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)

NEDOによる最新研究開発成果展示を御紹介します。

ものづくりを変えるNEDOのレーザー加工技術 最新研究開発成果展示

NEDOは,「光が創る,未来を拓く ~ものづくりを変えるNEDOのレーザー加工技術~」をテーマに,NEDOプロジェクト「高輝度・高効率次世代レーザー技術開発」に参画する23法人の最新の研究開発成果を紹介します。
NEDOブースでは,レーザー光源,レーザー加工機,レーザー加工評価装置などの最先端レーザー加工技術のデモンストレーションや,加工サンプル実物の展示を行います。

日時:平成30年4月25日(水)~27日(金)各日10時00分~17時00分
会場:パシフィコ横浜 ( 神奈川県横浜市西区みなとみらい1-1-1 )
    「OPIE’18」(OPTICS & PHOTONICS International Exhibition)内
    NEDOブース小間番号: 展示ホールA,B G-26
主催: 一般社団法人 OPI協議会
詳細: http://www.nedo.go.jp/events/IT_100023.html?from=t

今回の展示会では,プロジェクトの実施法人が立ち上げたTACMIコンソーシアム( http://www.utripl.u-tokyo.ac.jp/tacmi/ )とNEDOが目指す,IoT社会対応型のものづくりシステム,そのシステムを構成するレーザー光源,レーザー加工機などの装置のラインナップ,今後拡充していく加工データベースと加工レシピの計画などに関する情報も発信します。

 ★TACMIコンソーシアムは,レーザー光源や加工機を作る法人が中心となり立ち上がりましたが,今後,以下を得意とする法人の参画も期待しています。

  ・データベースの作成
  ・機械学習による最適加工条件の探索
  ・遠隔操作・モニタリングシステムの構築 等

 お問い合わせ先:
  国立研究開発法人新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)
   IoT推進部 須永,服部,水谷(044-520-5211)