記事詳細

どうなっていく?AI・ロボットによる自動化と製造業の未来

株式会社富士通マーケティング

株式会社富士通マーケティング様より,コラムを御紹介いたいします。


どうなっていく?AI・ロボットによる自動化と製造業の未来

製造業を「インターネット」と「AI(人工知能)」という新たなテクノロジーによって自動化する動きが,欧米を中心に勢いを増しています。昨年11月に発表された機械学習やディープラーニング,自然言語処理,画像認識などのAI技術や,それらの技術を活用したソリューションを対象とするAI活用の中・長期的な市場予測によると,製造業においては,産業ロボットの活用などによる工場の自動化に併せて,AIが活用される見通しです。


2045年にAIが人間の知能を超える?!

シンギュラリティという単語をご存知でしょうか。これは「技術的特異点」という意味で,コンピューターの進化が人類の知能レベルを超えることをいいます。シンギュラリティを迎えると,人間の頭脳を超えた優秀なAIがさらに優秀なAIを発明し,そのAIがさらに別のAIを発明し……というように,人間が担ってきた役割をロボットが果たしていくことが予想されます。

AIを駆使した生産技術が競争力の源泉に

これまでは,生産技術は製品を生み出すためのツールでした。しかし,技術革新により,IT技術を利用した新たな産業や製品サービスが創出されています。今後は,AIを駆使した生産技術が付加価値を生み,競争力の源泉となるようになるのかもしれません。

詳細については以下のURLを御参照ください。
http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/column/fjm-topics2/009.html

出典:株式会社富士通マーケティング様(http://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/column/fjm-topics2/009.html