記事詳細

Bosch社のIoTクラウドに学ぶインダストリ4.0のあり方

株式会社富士通マーケティング

株式会社富士通マーケティング様よりコラムの御紹介です。


Boschの作り上げた独自のクラウドシステム

Bosch社が,インダストリ4.0向けに開発した「Bosch IoT Cloud」を発表しました。データプロセスやスケーラビリティ(拡張性)に対するソリューションの提供を目指すことを表明しました。クラウドサービスやコネクティビティソリューションを導入するにあたり自分のデータがどこに保管されているかを明確に示し,データの安全を保障することで安心感の提供に努めています。

データ解析の重要性

インダストリ4.0を実現させ,コネクトされたスマートファクトリーによって最大の利益を生み出すには,適切なデータ解析が欠かせません。
インダストリ4.0 の過程で生産の場には,3D カメラなどを使った製品認識,インタラクティブな指令など,さまざまなコンセプトが導入され,これらから採取されるデータを組み合わせて解析を行うことで,企業は現場で働く人々の業務を効率化することができ,製造業のスマート化に貢献できます。

詳細については以下のURLを御参照ください。
https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/column/manufacturing/007.html

出典:株式会社富士通マーケティング様(https://www.fujitsu.com/jp/group/fjm/mikata/column/manufacturing/007.html