記事詳細

音声合成作成サービス「RoBoCo Speech(ロボコ・スピーチ)」の災害時向け無償提供について

株式会社テレコメディア

以前当窓口では,ソフトバンク株式会社が提供する多言語音声合成ソリューション「Rizbell(リズベル)」を御紹介しました。
参照:https://www.kyotocity-iot-soudan.kyoto/archives/673

株式会社テレコメディアは,ソフトバンク株式会社と協業し,「Rizbell」の技術を用いたソリューションである「RoBoCo Speech(ロボコ・スピーチ)」を販売しています。
★「RoBoCo Speech」とは———★
入力されたテキスト文章を音声合成し,人の肉声に近い自然なイントネーションの音声ファイルを作成するソリューションです。
日本語,北京語,英語,韓国語に対応(2019年1月15日現在)しているほか,抑揚,声の高さ,話速などの細かい調整ができるため,施設内放送,映像ナレーション,電話の自動音声応答 等,様々な場面で御利用頂けます。
★————————————–★

このたび,株式会社テレコメディアより,「RoBoCo Speech」を用いたアナウンス音声等作成サービスについて,災害対策利用に限り,無償提供する発表がありましたので御紹介します。
海外展開されている事業者の方は,御利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

■無償提供プログラムのポイント■
(1)実施期間中であれば,災害が発生した際のアナウンス音声データ等を無償で作成することができます。
(2)作成した音声データは,災害時の利用目的であれば提供期間を過ぎても使用することができます。
■無償提供実施期間■
 2019年1月15日から2019年6月30日まで

詳細については,下記URLを御参照ください。
https://www.telecomedia.co.jp/news/roboco_speech_csr/
https://www.telecomedia.co.jp/csr_program/