記事詳細

RPA『ハートコアロボ』の御紹介

エンザントレイズ株式会社

エンザントレイズ株式会社様より,RPA(ロボティック・システム・オートメーション)『ハートコアロボ』を紹介します。


RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)とは,認知技術(ルールエンジン・機械学習・人工知能等)を活用した,主にホワイトカラー業務の効率化・自動化の取組みの総称です。
人間の補完として業務を遂行できることから,仮想知的労働者(デジタルレイバー)とも言われています。
人間にかわって高速,確実に業務を行い,働き方改革を進める企業様で多く導入されています。
エンザントレイズでは,自社の業務分析からスタートできるRPA製品「HeartCore Roboシリーズ」のデモンストレーションを通し,人とロボットが協働する,新しい業務オペレーションを御提案します。

◆今,人手不足解決の要として注目されている「RPA」

昨今注目されているRPAという技術は,予め記憶したパソコン上の作業を人に変わって自動でこなすソフトウェア型のロボットのことです。
heartcore01

例えば,請求書の情報を記憶して会計ソフトに入力する,伝票を読み取って在庫記録を入力するなど,今までは人がやっていた「単純だけど時間がかかるルーティン作業」を代わりに実行します。
RPA導入によって生まれた「人」の時間を,ロボットでは対応できない仕事に当てることで,業務効率は大幅にアップします。
heartcore02
heartcore03

◆規模を選ばず多くの企業・自治体様に選ばれているRPA「ハートコアロボ」

エンザントレイズで取り扱っている「ハートコアロボ」には以下の特徴があります。

1.圧倒的なコストパフォーマンス

RPAというと初期費用に何百万もかかり,運用コストも莫大なため大手企業のみが導入できるものというイメージが一般的です。ハートコアロボは初期費用0円から始められ,運用コストも数万円と,最も人手が足りていない中小企業にも身近に感じていただけます。

2.OCR(光学文字認識)が標準搭載

OCRとは光学文字認識といい,スキャンデータなどの画像からテキストを認識して文字化する技術です。
多くのRPA製品では別途導入をする必要があり,高額の追加料金がかかる場合がほとんどですが,ハートコアロボはOCRを標準搭載しています。
これによりFAXや申込書,伝票などのスキャンデータからエクセルや会計ソフトへの転記もハートコアロボで自動化できます。

3.プラットフォームを選ばない,高い汎用性

RPAはパソコンの中で動作を行いますので,パソコンのOSなど環境が揃っていることが導入の条件となります。
多くのRPA製品ではWindowsOSのパソコンでの動作を基準としていますので,MacやLinux,スマーフォンOSのiOSやAndroidでは動作しません。
ハートコアロボはパソコンの環境を問わず動作させることができます。Mac,LinuxなどのパソコンOSはもちろん,iOS,AndroidなどのスマーフォンOSでも動作が可能です。
環境に捉われず高い汎用性を発揮できるので,ハートコアロボが選ばれる理由の大きな一つになっています。
heartcore04

RPAが御社にもたらすメリットはきっと想像を超えるものになると思います。
人手不足解消の手段の一つとして,この機会にRPAハートコアロボの導入を検討してみてはいかがでしょうか?

■ハートコアロボの御相談窓口:
 株式会社 三井田商事
 京都市伏見区竹田内畑町19
 TEL.075-622-6611
 FAX.0120-661139
 mail : pcss@mitsuida.co.jp